メニュー
トップ  >  画像班  >  修士論文
平成30年度
永田 晃也
物体検出用ネットワークSSDにおけるバウンディングボックス抑制処理の改善
林 俊明
静止指文字と遷移区間を考慮したHMMによる単語認識精度の改善
平成29年度
加藤 雅也
書棚の書籍管理のための書籍の抽出とBoFによる書籍分類
中川 史登
頚部MRAにおける低信号領域を考慮したレベルセット法による血流領域抽出
藤本 祐基
病変組織構造を考慮したCNNによるGleason分類
平成28年度
小島 広嵩
CNNを用いた静止指文字画像の領域セグメンテーション
松本 直樹
粒子法シミュレーションにおける遮蔽を考慮した輻射熱の導入
平成27年度
大野 雄士朗
HMMによる日本語指文字の動きを考慮した単語認識
平成26年度
高山 和広
避難時における心理特性と人間関係を考慮したエージェントの構築
東 祥太
動き特徴を利用したジェスチャ認証の提案と実験的評価
若浪 旭基
頚部MR画像を用いた頚動脈低輝度領域抽出精度の改善
平成25年度
西川健太
レベルセット法による心臓MR画像中の上行大動脈抽出
船橋直人
HOG特徴量と前景背景交替頻度を利用した歩行動作認識
平成24年度
岡山正人
指先毛細血管における血球抽出および血球移動速度測定の改善
中元寿幸
粒子法を用いた液体の気象現象シミュレーション
平成23年度
一ノ瀬辰
手形状特徴の時間的変化を有効利用した個人認証
菊田智也
類似文字を考慮した段階的な指文字認識
佐々木拓真
時間変化を考慮したHOG特徴量による動作認識
平成22年度
稲垣拓也
頭部MR画像における脳実質境界抽出の向上と異常部位候補検出に関する研究
小東智
指先毛細血管映像に血管照合および血球検出の精度向上に関する研究

浜田
粒子法を利用したタンク火災シミュレーションに関する研究

平成21年度

大規模データベースに基づく低コスト自己位置推定に関する研究
福田剛久
道路標識内部のエッジを利用した実時間道路標識抽出に関する研究
和田惇
MR画像を用いた頸動脈抽出と形状解析に関する研究
平成20年度
古川智
同期の不完全性と観測誤差を考慮した複数可カメラによる位置推定精度の改善
平成19年度
奥山伸
SFMにおけるエッジ画像を利用した三角網生成の改良に関する研究
山本佑
頭部アトラスを用いた非線形照合と組織構造の関係に関する研究
吉田誉
MR画像における心血管抽出に関する研究
平成18年度
近藤正
ロボカップシミュレーションにおける事例ベースによる行動計画に関する研究

野将
全方位カメラを用いた3次元物体認識に関する研究

平成17年度
井上薫
自己回帰モデルを用いたオクルージョンにロバストな予測に関する研究
黒田耕平
非同期通信と処理を考慮した複数視覚情報の統合に関する研究
プリンタ用画面
前
研究内容
カテゴリートップ
画像班
次
卒業論文

Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2012 XOOPS Cube Project