メニュー
トップ  >  ネット班  >  研究内容

1. ユビキタスコンピューティングに関する研究


加速度計、地磁気センサ、GPSやカメラ等といった様々な小型デバイスを用いて 人物や環境についての情報を収集するシステムを構築しています。 また、人間の状態や行動を推定するため、デジタル信号処理 (フーリエ解析、フィルタ等)を用いて取得したデータの解析手法に 関する研究を行っています。
 

2.モバイルアドホックネットワークに関する研究


無線を使って移動端末同士が直接通信を行うモバイルアドホックネットワーク (MANET)を実際に構築し、その性能を検証したり、MANETを構築するために 必要となる経路制御(ルーティング)の手法などについて研究を行っています。
 

3.オーバーレイネットワークに関する研究


オーバーレイネットワーク(P2Pネットワークとも呼ばれる)を構築する手法、 ならびに、オーバーレイネットワークを利用したマルチキャスト通信や 分散データベース検索のための技術(分散ハッシュテーブル(DHT)など)について 研究を行っています。
 

4.ネットワークセキュリティに関する研究


実際のネットワークのトラフィック(研究室を出入りするパケット)を解析して、 不正なアクセスの検出の研究を行っています。また、通常のパケットと 不正なパケットをニューラルネットワークなどの機械学習アルゴリズムにより 学習することによる未知不正アクセス検知に関する研究を行っています。

5.SDN(Software Defined Network)に関する研究


ネットワークの構成・機能・性能などをソフトウェアの操作のみで動的に設定・変更できるSDN(Software Defined Network)を実際に構築し、効果的に運用するための手法の提案やSDNの機能を用いた新しいセキュリティシステムの構築などを行っています。
 

6.並列分散処理に関する研究


オープンソースソフトウェアであるHadoopを用いて、並列分散処理の環境を実際に構築し、その性能を検証したり、環境とビッグデータとの関連性について、研究を行っています。

 

プリンタ用画面
カテゴリートップ
ネット班
次
修士論文

Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2012 XOOPS Cube Project